このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 家庭用脱毛器のデメリットとは、脱毛サロンがおすすめの理由

家庭用脱毛器のデメリットとは、脱毛サロンがおすすめの理由

121view

2018.01.23

サロンへ通わなくても脱毛できる家庭用脱毛器とは

サロンへ通わなくても脱毛

家庭用脱毛器だけではなく、クリニックや脱毛サロンで受けられる脱毛方法にも種類があります。

クリニックで受けられる医療レーザー脱毛とは

医療従事者でなければ扱えない脱毛方法です。
脱毛効果が高いため、強い痛みを感じることがあります。
また、やけどや赤み、毛のう炎、増毛化、硬毛化などのリスクがあります。

やけどなどのリスクを回避するため、同じ部分に何回も照射しないように注意しながら行います。
そのため、打ち漏れになりやすいというデメリットもあります。

脱毛効果が高いため、リスクも高い脱毛方法です。
そのため、医療機関でなければ受けられない脱毛方法になっています。
万が一、トラブルが起きたときは、すぐに診察してもらえるため安心です。
痛みがあっても、少ない回数で効果的な脱毛をしたい方は医療レーザー脱毛がおすすめです。

脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛とは

フラッシュ脱毛は、医療レーザー脱毛よりも出力を抑えた脱毛方法です。
そのため、医療機関でなくても受けられます。
痛みが少ないため、肌に優しい脱毛と言われています。
脱毛なので医療レーザー脱毛と同じようなリスクが伴いますが、トラブルが起こる確率は医療レーザー脱毛よりも低いです。

信頼できる脱毛サロンでは、万が一のトラブルのために医療機関と提携しているため安心です。
肌に優しくて安心な脱毛をしたい方は、フラッシュ脱毛がおすすめです。
医療レーザー脱毛よりも回数は必要になりますが、痛みが少なくて、リスクも少ない脱毛を受けることができます。

出力を抑えた家庭用脱毛器

家庭用脱毛器とは家庭でも使用できるように出力を抑えた脱毛器です。
クリニックで行われている医療レーザー脱毛や、脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛と同じ原理で脱毛します。

代表的な家庭用脱毛器を紹介します。

トリア

トリアは家庭用のレーザー脱毛器です。
医療レーザー脱毛と同じ原理で、出力を抑えた脱毛器です。
トリアは、太くて濃いムダ毛に効果があるといわれています
効果を実感している方の口コミも多いです。
効果があるため、痛みも強いといわれています。
痛みは照射レベルを低く設定することで軽くなりますが、脱毛効果も弱まるため照射回数が多く必要になります。

太くて濃いムダ毛には効果的ですが、うぶ毛のような薄いムダ毛には効果を感じにくいという口コミもあります。
また、照射面が狭いため、照射に時間がかかります。

ケノン

ケノンは家庭用のフラッシュ脱毛器です。
脱毛サロンのフラッシュ脱毛と同じ原理で、出力を抑えた脱毛器です。
トリアに比べると痛みが少ないことで人気があります。
また、カートリッジが付け替えられることや、うぶ毛にも効果が出やすいことで、口コミでは評判がよいです。

痛みは少ないですが、効果を実感するまでには時間がかかります。

家庭用脱毛器のメリットやデメリットとは

メリット

  • お金がかからない
  • 通う必要がなく、自宅で本格的な脱毛ができる
  • VIO脱毛が可能な脱毛器を選ぶことで、恥ずかしい思いをせずに自分で脱毛ができる
  • 時間のあるときに脱毛ができる
  • カートリッジ式は、家族で照射ヘッドを付け替えて本体を共有できる

デメリット

  • クリニックや脱毛サロンよりも効果が低い
  • 時間がかかる
  • カートリッジの交換や、本体の買い替えなどにお金がかかる
  • 出力を抑えていてもやけどのリスクがある
  • 肌質や毛質、体調などのチェックができない
  • 肌のケアが必要
  • 見えない部位、手の届かない部位の脱毛が難しい
  • こまめなお手入れが面倒になりがち

デメリットから見える家庭用脱毛器のリスクと脱毛サロンのすすめ

デメリットから見える家庭用脱毛器のリスク

家庭用脱毛器には危険が多い

医療レーザー脱毛は効果が高い反面リスクも高い脱毛方法です。

トリアは家庭で使えるように出力を抑えてあるとはいえ、効果の高い医療レーザー脱毛を改良した脱毛器です。
やけどや赤みなどのリスクは高いです。

ケノンも出力を抑えていますが脱毛効果があることに変わりはありません。
リスクが全くないわけではないため、注意が必要です。
脱毛器の多くは、パワーを設定できるようになっています。
全然効果を感じられないから、早く効果を実感したいからと、高めのパワーに設定して使用してしまう方もいます。

効果が低いのは家庭で安全に使うためです。
自分に合わないパワーで使用すると、思わぬトラブルを引き起こすこともあるため注意が必要です。

クリニックや脱毛サロンでは、肌質や毛質などのチェックをしっかりと行います。
その上で照射パワーを設定して、一人一人に合った適切な脱毛をします。
最大限の効果で、最小限のリスクや痛みになるようにしています。

家庭用脱毛器を使う場合、肌質や毛質のチェックは自分でしなければいけません。
肌や身体の調子はその日によって少しずつ違いがあります。
それを見極めることはとても難しいです。
前回と同じ設定で脱毛しているのに、赤みが強く残ったということにもなりかねません。

また、肌のケアも必要です。
クリニックや脱毛サロンの脱毛機には冷却機能があるものもあります。
肌に触れる照射面が冷たいものや、冷却ガスが出るものもあります。
また、肌を守るためにジェルを塗ってから照射する脱毛機もあります。
クリニックやサロンによっては、施術後のアフターケア用クリームもあります。

家庭用脱毛器には冷却装置はありません。
自分で照射部位を冷やしながら使わなければいけません。
また、照射後のケアには注意が必要です。
ローションやクリームの成分が合わず、炎症を起こしてしまうこともあります。
クリニックやサロンでは、施術後に適したアフターケアがあるため安心です。

家庭用脱毛器を購入しても、面倒になってやめてしまう方もいます。
定期的な照射、肌の手入れなどは、意外と面倒に感じてしまうことが多いです。
クリニックやサロンへ通わず自宅で脱毛ができることは便利に感じますが、実際に使ってみると自分でムダ毛を処理することは大変です。
時間もかかってしまいます。

また、背中などの見えない部位や手の届かない部位は脱毛することが難しいです。
全身脱毛をしたいのであれば、クリニックやサロンがおすすめです。

お金がかからないため家庭用脱毛器を選ぶ方もいます。
しかし、カートリッジのない脱毛器であれば本体の買い替えが必要です。
また、カートリッジがある場合でも本体は長く使えますがカートリッジの交換は絶対に必要です。

クリニックや脱毛サロンの料金は少しずつ下がってきています。
全身脱毛を希望するのであれば家庭用脱毛器のほうが安く済みますが、部分的な脱毛であれば安い料金で脱毛できるところもたくさんあります。
わざわざ家庭用脱毛器で時間をかけるよりも、早くてきれいな脱毛ができます。

家庭用脱毛器だけではなく、自己処理はどの方法を選んでも肌へのダメージが大きいです。
ムダ毛処理はプロによる脱毛がおすすめです。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛がおすすめ

フラッシュ脱毛は痛みが少ない脱毛方法です。
リスクの少ない肌にやさしい脱毛であることが魅力です。
家庭用脱毛器よりも早くきれいに脱毛することができます。
脱毛のプロであるスタッフさんが施術をしてくれるため、ベッドで横になっているだけで終わります。
手が届きにくいところも、しっかりと脱毛してもらえます。
肌質や毛質のチェックもあるため安心です。

おすすめのサロン

おすすめのサロン

ミュゼ

料金が安いことで人気があります。

専用アプリで予約も取りやすいと評判です。
家庭用脱毛器にお金をかけるなら、美肌効果も期待できるミュゼの低価格な脱毛がおすすめです。
ミュゼプラチナムをさらに詳しく

キレイモ

33カ所の全身脱毛をすることができます。
脱毛の対象には、顔やVIOなども含まれています。
冷却ジェルを使わない最新の脱毛機を導入しているため、ジェルによる寒さを感じません。
キレイモをさらに詳しく

 

参考サイト:https://irixyoudatumou.jp/

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る