このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 学生のうちにムダ毛をなくす!早く脱毛を始めておくメリットや注意点

学生のうちにムダ毛をなくす!早く脱毛を始めておくメリットや注意点

165view

2018.01.23

社会人になる前に脱毛をしておくとこんなところがお得

社会人になる前に脱毛

学生は時間に融通が利きやすい

見た目にこだわる女性であれば、自身のムダ毛の状態が常に気になるものです。

脱毛の大きなメリットは肌を綺麗に見せられるだけではなく、自己処理のための時間が必要なくなることと、肌トラブルが起こるリスクを軽減できることになります。

しかし、脱毛は始めればすぐに終わるというものではありません。
定期的に脱毛サロンに通って施術を受け続ける必要があるため、躊躇しているとその分だけツルツルの状態にするまでに時間がかかってしまうことになります。

社会人になると何かと忙しく、脱毛サロン通いをするのが難しいという方が少なくありません。
しかし、それに比べると学生は時間に余裕があります。
平日夕方や土日祝日のお店が混む時間帯を避けて施術の予約が入れやすく、ムダ毛の生え変わるタイミングに合わせて無駄なく脱毛できるのがメリットです。

早いうちに身だしなみを整えて煩わしいムダ毛から解放されておけば、社会人になってから忙しい毎日の中でムダ毛処理にかける時間を大幅に短縮できます。

学生ならではの学割プランが利用できる

脱毛サロンの多くが学生を対象に通常よりも安くプランを提供していますので、利用しない手はありません。
友人と一緒に契約をすればさらに割引になったり、高額な全身脱毛にも学割プランが適用されることがあります。
まざまな脱毛サロンの学割情報や口コミを調べて、学生ならではのお得なプランを利用するのがおすすめです。

また、月額制プランも通常より安い場合があり、アルバイトの給料から充分捻出できる費用で通えます。
1回にまとまった金額を支払うことが難しい場合でも、月額制で少しずつ支払っていけば無理なく綺麗にしていけるのが便利です。

肌ダメージが少ない状態で脱毛できる

自己処理を重ねてきた年月が長いほど、肌はダメージを受け続けて色素沈着という形で現われてきます。
肌は刺激を受けると保護するためにメラニンを発生させて黒ずませてしまうのです。

せっかくムダ毛をなくしてもしつこく色素沈着だけが残ってしまって美白ケアに時間がかかったり、そもそも黒ずみが酷すぎて施術を断られてしまうというケースも決して珍しくありません。
施術ができても照射出力を弱められて効果が得づらくなったり、黒い色に反応する性質上、痛みを感じやすくなるなどデメリットがあります。

ですが、若いうちに脱毛をしておくとそこまで色素沈着が進行していることは少なく、肌の状態がいいままで脱毛できます。
今後自己処理を続けて肌を傷つけてしまう可能性が減らせますし、黒ずみの発生リスクを下げられるのが嬉しい点です。
白い肌のままで脱毛できれば照射した光のエネルギーが効率よく毛根に届けられますし、高い脱毛効果を期待できるなどメリットが豊富になります。

未成年でも脱毛は受けられるのか

未成年でも脱毛

保護者の同意書があれば問題ない

学生が脱毛をする場合、気になってくるのが施術できる年齢です。
脱毛サロンによって施術可能としている年齢制限に違いがありますが、年齢に達していてなおかつ未成年の場合には保護者の同意書があれば契約を行えます。
ただし、お店ごとに規約が異なってきますから必ず守るようにしなければなりません。

同意書に関してはホームページからダウンロードができますし、印刷して必要事項を保護者に記入してもらい印鑑を押してもらったものを持っていけば問題ありません。
もしくはカウンセリングに行った際に書類をもらい、一旦帰宅してから同意書を提出するという形になります。
保護者が同伴していない場合には電話で確認することもありますので、脱毛サロン通いをしたいことを前もって伝えておきましょう。

また、保護者がカウンセリングに同行していれば、その場で契約をできます。

まずは気軽にカウンセリングを受けてみよう

脱毛する方が増えてきたことで、学生の間でも脱毛サロンの情報交換が容易になっています。
気になるお店を見つけたら、まずは気軽に無料カウンセリングを受けるのがおすすめです。
友人同士の来店でも歓迎されていますから、ムダ毛の悩みを相談したり、脱毛に関する疑問を解消するためにもエステティシャンに話を聞いてみましょう。

保護者の同意書に関しては契約時に必要になるものですが、脱毛サロンによってはカウンセリングのみでも保護者の許可を得ているのか確認が必要になる場合がありますので、希望するお店のカウンセリング予約時の注意事項を調べておいてください。

施術を受けるのが早すぎる場合の注意点

施術を受けるのが早すぎる

子どもにも需要がある脱毛について

ムダ毛の悩みを抱えている女性の低年齢化が進んでおり、10代前半までの方でも肌を晒したくない、剃った後の黒いポツポツが気になるとコンプレックスに感じているというケースが珍しくありません。
こうしたことから、脱毛サロンでも10歳に満たない子どもから脱毛が行えるところがあるなど、利用者の低年齢化が進んでいます。

しかし、いくら学生の頃に脱毛を進めておくことでメリットがあるといっても、ホルモンバランスが安定しない年齢の場合には問題も出てきてしまいます。

特に第二次性長期を迎える前の場合、施術が進んでいても成長と共に新たにワキやVIOラインの毛が濃くなり始めるなど脱毛が二度手間になってしまいますし、施術が完了したはずのムダ毛がホルモンバランスの変化で再び生え始める可能性が大人よりも高いのです。

また、成長しきっていない皮膚では施術による痛みを感じやすかったり、肌トラブルの危険性も増します。
こうしたデメリットの説明は脱毛サロンでも受けることになりますが、あまり急がず、生理が始まって5年程度経ち、ホルモンバランスが安定してきてからの脱毛がおすすめです。
できれば18歳前後を目安に考え始めるといいでしょう。

日焼け対策をしづらいのも難点

脱毛中は日焼けが厳禁ですから、日頃からしっかり紫外線対策を行う必要があります。
服で隠れている部位であれば問題ありませんが、腕や足、顔などの部分脱毛や全身脱毛の場合、高校生までだと登下校や体育の授業の格好で対策が不十分になってしまう可能性が出てくるのが心配です。
日焼けをして肌が黒くなってしまったら、最悪の場合施術を休止しなければならないこともあります。

こうした日常のケアの面から見ても、若すぎる年頃の脱毛は慎重に判断しましょう。

計画を立てて脱毛サロン通いを開始しよう

計画を立てて脱毛サロン通い

負担をかけないように自己処理をしつつ脱毛サロンを探そう

時間にも融通が利きお得に脱毛サロンが利用できる学生のうちに、口コミや友人から積極的に情報収集して脱毛サロンを探し始めるのがおすすめです。

痛みはどの程度か、必要な施術回数はどのくらいか、経験者から話を聞ければ参考になります。

それまでは可能な限り肌に負担をかけない自己処理を心がけて、綺麗な肌の状態をキープしておくことが大切です。
肌に優しいシェーバーで傷をつけないように剃ったり、保湿を念入りに行って美しい肌を保っていれば、脱毛を始めてからも施術の効果を効率よく得られます。

空いている時間を有効利用しよう

たとえば、全身脱毛で満足がいくまでに20回の施術回数が必要な場合、完了には2年から3年程度かかってしまいます。
効果が出にくいVIOラインに関しては、人によっては25回ほど照射が必要になることも珍しくありません。

そんな長期間の脱毛サロンの利用を学生時代に始めておくと、早めにムダ毛の悩みが解消されるだけではなく、確保しやすいプライベート時間を有効利用できます。
社会人になって忙しい中必死に脱毛サロンに通う時間を確保するより、余裕があるうちに脱毛計画を立てておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る