このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 自己処理はデメリットがいっぱい!脱毛サロンの活用術を徹底紹介!

自己処理はデメリットがいっぱい!脱毛サロンの活用術を徹底紹介!

88view

2018.01.23

自己処理の方法とデメリット

自己処理の方法とデメリット

カミソリ

自己処理をする人の多くはカミソリでムダ毛の処理をします。

カミソリはいつでも手軽に脱毛できますが、カミソリを使うとムダ毛と一緒に肌の角質まで削ぎ取ろうとしてしまいます。
クリームなどを塗って滑りやすくしても、肌にはダメージを与えてしまうことには変わりありません。

そのため肌はメラニンが過剰分泌しやすい状態となるので、黒ずみになる恐れもあります。
カミソリは手軽に脱毛処理ができますが、ワキやVIO部分は毛も太く濃いので、丁寧に脱毛しなければダメージも大きくなるので注意しましょう。

電気シェーバー

電気シェーバーの特徴は手軽にどの部位でも脱毛できることです。
特に毛が太いワキやアンダーヘアのケアも、安全に脱毛しやすいです。
電気シェーバーは手軽で利用しやすいのですが、剃りが甘いのでムダ毛の剃り残しが目立ってしまいます。
そのためワキやアンダーヘアのケアで使用しても、剃り残しがあると結局はカミソリでケアすることになります。
電気シェーバーは安全に脱毛できますが、綺麗に脱毛できないデメリットがあります。

脱毛ワックス

脱毛ワックスは腕や足に使用することが多く、一気にムダ毛を処理できるのでお手軽に脱毛できます。
しかしムダ毛を抜く時には痛みを生じるので、腕や足には使用できますが、痛みを感じやすい部位にはおすすめできません。
痛みは一瞬だとしてもアンダーヘアやワキなどに使用すると、かなりの痛みを感じる部位なのでおすすめできません。

また毛抜きと同様に一気に引き抜くことによって、肌トラブルになる恐れもあるので注意しましょう。
痛みを感じにくい部位にはおすすめできますが、デリケートなVIO部分や痛みを感じやすい部位には使用しないようにしましょう。

脱毛クリーム

ムダ毛の自己処理をする人にとって痛みがない脱毛方法は助かります。
脱毛クリームは薬の力を使って毛を溶かして脱毛するので痛みを感じません。
脱毛クリームを塗って数分待つだけで、ムダ毛を処理することができます。

そのため痛みが苦手な人にもおすすめできますが、毛を溶かすほどの薬剤の力なので、多くの人が肌へのトラブルを気にしています。
薬の力が強いので肌トラブルを心配する人も多いでしょう。
そのため脱毛クリームは、デリケートなIO部分には使用することができないので注意しましょう。
Vラインだけは脱毛クリームが使えますが、IO部分とアンダーヘアには使用できないので、VIO部分を自己処理する人にはおすすめできません。

自己処理による肌トラブル

自己処理による肌トラブル

毛嚢炎

自己処理をすることによって生じるデメリットは、肌トラブルを起こしやすいということで注意が必要です。
毛嚢炎は脱毛ワックスや毛抜きによってムダ毛を抜いた後、毛穴に雑菌が入ることによって起こる肌トラブルです。

白いニキビのようなできものができるので見た目も悪いです。
ワキやVIO部分は蒸れやすい部位なので、雑菌が繁殖しやすい環境が整っています。
雑菌が繁殖することで臭いを発生させたり、毛嚢炎になることがあるので注意が必要です。

一度肌トラブルになると、蒸れやすい部位で雑菌が繁殖しやすい環境のため、治るまでに時間がかかってしまいます。
VIO部分はデリケートな場所なので、常に清潔な環境にしておくことが大切です。
肌トラブルにならないように気をつけなければなりません。

埋没毛

埋没毛は皮膚の膜の下で毛が育ってしまう肌トラブルです。
ムダ毛を抜いた時に毛穴はダメージを受けるので、薄い膜を張って雑菌の侵入を防ごうとします。
体がダメージを受けたことによって、自分を守ろうとしていますが、膜を張ったことによって毛が素直に成長できなくなります。

膜を突き破って毛が成長してくれればいいのですが、膜を破ることができないと皮膚と膜の間で毛が成長してしまいます。
肌の下に黒い毛が見えるため、見た目もあまりよくありません。
膜を破ってムダ毛を抜くと、かなり長い毛を抜くことができます。
埋没毛は毛を抜いた後にできやすいので、ワキやVIO部分でできると、見た目が悪いので気をつけなければなりません。

色素沈着

肌はダメージを受けることによってメラニンを分泌しますが、メラニンが過剰に分泌していくと肌が黒ずんでしまいます。
色素沈着は肌がダメージを受けることによって起きる肌トラブルで、カミソリで肌を擦ることでもダメージを受けてしまいます。

色素沈着はメラニンが過剰に分泌されているので、脱毛処理をしてダメージを受ける回数が多いほど黒ずんでしまいます。
ムダ毛が伸びやすいアンダーヘアやワキを毎日のようにカミソリで処理すると、どんどん肌が黒ずんでしまいます。
自己処理による脱毛トラブルの中でも、肌が黒ずんでしまうとなかなか戻らないので、肌へのダメージは極力与えないようにすることが大切です。

脱毛サロンのメリットとデメリット

メリット

脱毛サロンを利用することによって、肌へのダメージも少なく見えない部分まで綺麗に脱毛できるメリットがあります。

脱毛効果が弱い光脱毛によって、痛みの少ない施術が受けられます。
光脱毛の効果は痛みが少ないだけでなく、肌へのダメージが少ないので、肌トラブルになりにくいメリットがあります。

脱毛サロンは施術回数が多くなりがちですが、光脱毛の脱毛効果は美肌を手に入れることができるので、安心して施術をお任せできます。
脱毛サロンのお店自体も多くなっているので、安い料金で質の高いサービスが受けられるメリットもあります。
競合店が増えることは利用者にとってメリットが多く、自分が信頼できるお店を選んで施術が受けられます。

デメリット

脱毛サロンを利用するデメリットは、脱毛効果が弱いので施術の回数が多く、脱毛期間が長くなってしまうことです。
脱毛期間中は日焼けなど紫外線の影響を受けないようにしなければいけないので、肌トラブルを回避するのも大変です。

脱毛サロンでは料金は安くできますが、あくまでも医療脱毛と比較をしての料金なので、まとまったお金は必要になります。
自分が脱毛にどれだけの金額が出せるか、考えてから施術を受けなければなりません。

全身脱毛の特徴

肌が綺麗に見える

全身脱毛をすることによって美肌を手に入れることができます。

自分では自己処理できない場所も綺麗に脱毛できるので、安心して施術をお任せできます。
口コミでも脱毛したことによって、肌の色が明るくなった感じがするという人が多いです。

これはムダ毛が少なくなったことによって、毛穴も小さくなり目立たなくなったので、肌が今までよりも綺麗に見えるようになったのです。
ムダ毛の処理の手間を省くためにやったのに、肌が綺麗に見えるようになるなんてとても嬉しいことです。

痛みが少ない

口コミでも全身脱毛をする人の多くは、痛みに対して不安を感じています。
特にワキ脱毛やVIO脱毛を受ける時は、痛みを感じやすいので不安に思うでしょう。
光脱毛は痛みが少ない施術方法ですし、もしも痛みが強いと感じたら出力を弱めて、痛みをさらに軽減することもできます。

脱毛効果が弱いことはデメリットでもあり、痛みを感じにくいというメリットにもなります。
全身脱毛をするのであれば部位によっては痛みを感じやすいので、痛みを和らげられる光脱毛はおすすめです。

施術を受ける前は痛みに対する不安も大きかったのに、実際に施術を受けた後は意外と痛みを感じなかったという人も多いです。
痛みの感じ方は人によって違いますが、出力を弱めることができるので、安心して施術を受けられます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る