このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 顔脱毛の美容効果【ニキビ・毛穴・シミ】に与える影響を解説

顔脱毛の美容効果【ニキビ・毛穴・シミ】に与える影響を解説

137view

2018.01.22

顔脱毛には美容効果がある?

顔脱毛には美容効果

毎朝のメイクや、相手との距離が近いときなど、顔の産毛などのムダ毛は意外と気になるものです。

そんなときは、思い切って顔脱毛を行うというのもひとつの方法。

顔脱毛は全身脱毛やVIO脱毛などと違って比較的敷居も低いため、これまで脱毛を行ったことがないという人も手軽に行うことができます。

実は顔脱毛はムダ毛の処理だけでなく、美肌効果もある脱毛として口コミでの人気も高まっているのです。
そのため、顔脱毛はムダ毛を処理したい人だけでなく、美肌を手に入れたい人にもおすすめなのです。
それでは、なぜ顔脱毛を行うと美肌も手に入れることができるのでしょうか。

顔脱毛によるニキビへの効果

顔の肌トラブルの中で、一番気になるのはやはりニキビではないでしょうか。
ちょっと寝不足だったり、食生活が乱れたりするだけですぐにニキビができてしまうという経験は誰にでもあるものです。
この、肌トラブルの中でもっとも多いニキビに対しても、顔脱毛は効果があります。

そもそもニキビができる原因は、毛穴に汚れが詰まること。
落としきれなかったメイクや多すぎる油脂が毛穴に詰まり、それをエサにするアクネ菌が繁殖、そのアクネ菌によって炎症が起きたり化膿したりするというのがニキビの症状です。

言い換えれば、毛穴が締まっていればそこにメイクや油脂が詰まることもありません。
実は毛穴が開いているのはムダ毛が原因。
顔脱毛を行ってムダ毛を処理すると、ムダ毛がなくなった毛穴は自然に締まっていくため、自然にニキビを予防できるということにつながります。

さらに顔脱毛を行うと、自己処理を行わなくてもいいというメリットがあります。

多くの人はカミソリなどで顔脱毛を行っているかもしれませんが、このカミソリによる顔脱毛は非常にリスクの高い行為。
カミソリによってムダ毛の処理を行うと、ムダ毛だけでなく肌を守ってくれる角質も除去されてしまうのです。
その際、痛みなどを感じることがないのでなかなか気づかないのですが、角質がなくなってしまうと、肌は守ってくれるものがなくなるため乾燥がすすみ、炎症を起こしやすくなります。
するとどうしても肌荒れやニキビが起きやすくなります。

さらにカミソリの使用回数が増えると雑菌が付着している可能性も出てきます。
一回使うたびにカミソリを消毒すれば安心ですが、実際にはそのような手間をかけている人はほとんどいないはずです。
その結果、汚れたカミソリで自己処理を続けることになり、さらにニキビができやすいという悪循環に陥ってしまうのです。

しかし、顔脱毛を行えばもう自己処理をする必要もなくなるため、肌の角質はしっかりキープ、雑菌が付着することもありません。
その結果、肌はニキビもできにくくなり、本来の透明感を取り戻すことができます。
ニキビができやすくて困っているという人にこそ、顔脱毛はおすすめなのです

顔脱毛による毛穴への効果

顔脱毛による毛穴

顔脱毛を行うと毛穴も引き締まるというのはすでに述べた通りですが、実は顔脱毛には毛穴が引き締まる以上の効果もあります。

まず、顔脱毛を行うと毛穴の黒ずみが少なくなります。

毛穴の黒ずみというのは、毛穴に溜まった汚れが原因。
肌の毛穴にはどうしてもメイクや皮脂が溜まりやすくなりますが、長年それが溜まり続けると溜まった脂が酸化して色素が沈着し、その結果、毛穴の黒ずみが起きてしまいます。
しかし顔脱毛を行うと、毛穴が引き締まるため、メイクや皮脂が溜まりにくくなるだけでなく、毛穴自体が収縮することで、洗顔だけでは落ち切れなかったメイクや皮脂を押し出してくれます。

その結果、気になる毛穴の黒ずみも解消されていきます。

さらに顔脱毛を行うことで、毛穴自体が目立たなくなると言う効果もあります。
顔のムダ毛の自己処理は、皮膚から突き出たムダ毛のカットが中心になります。
しかしムダ毛をカットすると、断面ができてしまいます。

実はこの断面が大きな問題。
ムダ毛をカットすると、切断面のほうが毛よりも大きくなってしまうため、その部分が毛穴を強調してしまいます。
特に日本人の場合、産毛であっても毛は黒いため、どうしても毛穴を強調する結果になってしまいます。

そのため、顔脱毛は顔のムダ毛が気になるという人だけでなく、毛穴が目立つと言う人にもおすすめです。

顔脱毛によるシミへの効果

顔脱毛によるシミ

顔のトラブルではニキビや毛穴と同じく、シミも気になるものです。

特に面積の多いシミは顔の印象を暗く、老けさせてしまうものです。
顔脱毛はこのシミへの効果も期待できます。

シミというのは、簡単に言えば皮膚に沈着したメラニン色素の塊です。
メラニン色素は紫外線などに反応する黒い色素で、紫外線に当たると黒くなることで皮膚をダメージから守ってくれます。
日焼けなどをすると肌が黒くなるのはこのメラニン色素の働きで、通常であれば一定の期間が経過すると、黒くなったメラニン色素は古い角質とともに剥がれ落ちます。

しかし、年齢を重ねたりストレスを受けたりすると、皮膚の新陳代謝が上手くいかなくなることがあります。
そうすると黒くなったメラニン色素の部分を上手く剥がすことができず、それが溜まってしまうということになります。

このメラニン色素が沈着してしまったのがシミの正体です。
一度できてしまったシミはなかなか取ることはできず、ファンデーションでごまかすなどする他、対処できる方法はありません。

ただし、顔脱毛はシミにも効果的。
顔脱毛を行うことで、できてしまったシミを薄くしたり、新しくできるシミを防いでくれます。
これは顔脱毛を行う機器の仕組みと関係しています。

脱毛の機械は、実は最初はシミを取るためのものとして開発されたものなのです。それが発展して、脱毛に利用されるようになりました。そのため脱毛を行うということは、シミ対策を行うということでもあるのです。

また顔脱毛を行うと、皮膚の新陳代謝が活性化し、すでにできてしまったシミの部分を排出して新しい皮膚を作り出します。
そのため、顔脱毛はシミに対しても効果的ということができます。

これはシミだけでなく、ニキビの跡にも同様です。
ニキビを上手く治せなかった、潰してしまったと言う場合、その周辺が茶色く変色してしまい残ってしまうこともありますが、この変色の正体もメラニン色素です。
そのため、顔脱毛の施術を行うと、ニキビによる変色にも効果があります。
さらに肌を活性化させることで、ニキビの跡を目立たなくしてくれる効果も期待できます。

このように美肌効果もある顔脱毛ですが、実際に行うときには注意するべき点もあります。
まず、ニキビがあると脱毛の施術を受けられないかもしれないということ。

顔脱毛は顔に光を当てて行う施術ですが、ムダ毛だけでなく肌も一時的なダメージを受けることがあります。
そのため、ニキビができている場合にはそれが悪化する可能性があります。
ニキビの数が少ない場合は、その部分をカバーして施術を行うこともありますが、顔全体に広がっているような場合には、脱毛はニキビが治ってから行うということになります。

さらに、顔脱毛の施術を行うと、一時的にニキビの数が増えるという口コミを見た人も多いかもしれません。
これは施術によって、顔の中にある皮脂腺が刺激されることによるもの。
皮脂腺が刺激されると皮脂の分泌が活発になり、ニキビができやすくなってしまうのです。

ただしこれは脱毛後の一時的な症状で、時間が経ってニキビが治ると、少しずつニキビができにくい肌に改善されていきます。

顔の脱毛は全身脱毛やVIOゾーンの脱毛とは異なり、施術の回数や期間も短く済み、施術の痛みも強いものではありません。
美肌効果というメリットもあるため、肌トラブルでお悩みの方にはとてもおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る