このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 アンダーヘアーはどうしてる?VIO脱毛の知りたいことを徹底解説!

アンダーヘアーはどうしてる?VIO脱毛の知りたいことを徹底解説!

198view

2018.01.23

アンダーヘアの処理事情

アンダーヘアの処理事情

口コミ評価

VIO脱毛をする時に気になるのは、アンダーヘアの処理事情です。

口コミでも他の人のムダ毛の処理事情について、どのように処理をしているのか気になる人は多いようです。
露出の多いワキや腕の脱毛は当たり前のようにやっていても、アンダーヘアの処理まではなかなか確認することはできません。

口コミでは脱毛処理はどれくらいの間隔でやっているか、どんな形にアンダーヘアを処理しているかが気になっているようです。
基本的には毎日ムダ毛の処理をするものですが、アンダーヘアに関してはイベントがある前の日にだけ、処理をしている人も多いようです。

水着を着たり彼氏に会うなど、イベントの前の日にだけ処理をして、後は面倒なのでサボっている人も多いようです。
本来ならば毎日やらなければいけないのに、やはり面倒だという気持ちが先行してしまうようです。

気になる男性からの評価

男性が思うアンダーヘアの処理事情について、ある程度手入れをしている女性の方が好感が持てるようです。
毛量は人それぞれですがあまりにも手入れをしていないと、ガサツな女性のイメージがあるようです。

逆にナチュラルな形ではなくきっちりと処理をしている女性は、遊んでいるイメージがあるようです。
人に見せる機会が多いので、見られてもいいように処理をしているのですが、あまりやり過ぎても逆効果のようです。

ハイジニーナに関しては賛否が分かれるようで、遊んでいるイメージを持つ人もいれば、清潔感が感じられるのでいいという男性もいます。
まだハイジニーナにする女性は少ないですが、海外ではエチケットとしてハイジニーナにしているのを知っている男性も多いようです。

グローバル化しているので、そのうち日本でもハイジニーナが当たり前になるかもしれません。

VIO脱毛の概要

VIO脱毛の概要

自己処理のデメリット

VIO脱毛をする時には脱毛サロンがおすすめですが、自己処理をすることによるデメリットは多いです。

まずカミソリで脱毛することによって、肌を傷つける恐れがあります。
肌が傷づけられることによってメラニンが過剰分泌されると、肌が黒くなりやすいです。

黒ずみやシミの原因にもなるので、肌はできるだけダメージを与えないことが大切です。
VIO脱毛をする時には脱毛ワックスでは痛みに耐えられないですし、無理にムダ毛を抜こうとすれば、そこから雑菌が毛穴に入り込む恐れもあります。

肌トラブルになる可能性が高いので、デリケートなVIO部分の脱毛にはおすすめできません。
電気シェーバーは深剃りができないので見た目も悪いですし、脱毛ワックスは薬剤が強いのでVIO部分には使用できません。
VIO脱毛では自己処理はデメリットが多いので注意が必要です。

VIO脱毛のメリット

脱毛サロンでのVIO脱毛は、肌にダメージを与えることが少ないというメリットがあります。
全身脱毛でもワキ脱毛は痛みを感じやすいですが、VIO脱毛も痛みを感じる部位のひとつです。
痛みを感じるほど肌にダメージが大きいことになりますが、脱毛サロンでは光脱毛による施術によって、脱毛効果の弱い施術になります。

脱毛効果が弱いと痛みも感じにくくなるメリットがあるので、肌にも優しい脱毛方法と言えます。
施術の回数は多くなっても痛みを感じにくいことは大きなメリットなので、施術回数が多くなっても肌に優しい光脱毛はおすすめです。
VIO脱毛はデリケートな部位なので、優しく施術をすることは大切です。
見えにくいIOラインの施術も、VIO脱毛をすれば綺麗に脱毛できます。

アンダーヘアのデザイン

アンダーヘアのデザイン

ナチュラル

アンダーヘアのデザインとしてナチュラルタイプは、トライアングルタイプと同様にシンプルなタイプとして人気です。
ナチュラルタイプはそのまま毛を揃える程度にして、あまり手を加えません。
毛が長ければ自分で短く揃えることもできるので、あくまでも自然な生え方のデザインです。

同じシンプルなタイプのトライアングルタイプは、脚の付け根に沿った自然なデザインにカットします。
ナチュラルタイプよりも見た目が綺麗になるので、トライアングルタイプでも自然な見た目になります。

オーバル

オーバルタイプはトライアングルタイプのようにカットするのではなく、丸みを帯びたたまご型に脱毛処理をします。
女性らしく丸みを帯びたデザインなので、違和感を感じることも少ないです。
そのため自然なように見えますが、しっかりと手入れをしていることが分かるデザインです。

オーバルタイプを少し変形させて、扇形やハート型にすることもできます。
丸みを帯びたデザインが特徴的となっています。

スクエア

スクエアタイプは長方形にデザインされているので、見た目にはしっかりと手入れをしていることがすぐに分かります。
オーバルタイプとは違ってきっちりとカットしているのが特徴です。
スクエアは長方形のデザインですが、長さを細くすることでIラインにすることもできます。

スクエアタイプのメリットは、ムダ毛が下着からはみ出す心配がないことです。
そのため際どい下着やTバックを履く女性にとっては、ムダ毛を見せることなく綺麗に履きこなすことができます。
ハイジニーナにするのは抵抗がある人は、スクエアタイプにしてみるのもおすすめです。

ハイジニーナ

ハイジニーナはアンダーヘアが無毛状態になっているので、ツルツルで綺麗な肌を見せることができます。
メリットとしてはVIO環境を清潔に保つことができるので、欧米では主流のアンダーヘアの処理として定着しています。

アジアではハイジニーナにする人はまだ少ないですが、VIO環境を良くしたり際どい下着を履きたい人にとっては、ハイジニーナはおすすめです。
何よりアンダーヘアの手入れをする必要がないので、自己処理をしていた時間を有効活用できるメリットがあります。

VIO脱毛の施術

VIO脱毛の施術

服装

気になるVIO脱毛の施術ですが、全身脱毛の流れであれば裸にタオルかガウンを着て施術を受けているでしょう。
サロンによって服装は違いますが、裸になってからタオルを巻くだけか、もしくは紙パンツを履いて施術を受けることになります。

全身脱毛でも施術中は裸にタオルをかけるのが基本なので、女性スタッフが施術をするので恥ずかしさもないはずです。
VIO脱毛をする時には施術をするので、見られるのは仕方ありませんが、回数を重ねていくごとに慣れていくので、恥ずかしさも和らいでいくはずです。

施術の体勢

VIO脱毛をする時には恥ずかしさもありますが、どんな体勢で施術を受けるのか不安に思います。
まずアンダーヘアとVラインの施術に関しては、仰向けで施術を受けます。
タオルを上からかけて施術をする時に、その都度タオルをめくって施術を行います。
足は軽く開いた感じですが、アンダーヘアの処理によって時間が変わります。

基本的には5分ほどの時間があればアンダーヘアの施術は終わるので、仰向けでそれほど恥ずかしさもありません。
Iラインの施術も仰向けで行います。
片方の足を開きながら、片方ずつ施術を行っていきます。
Iラインが一番恥ずかしいですが、施術時間は両方合わせても5分もかからないので、すぐに施術が終わるイメージです。

Oラインの施術は仰向けで両足を立てるか、横向きになるか、もしくはうつ伏せでの施術になります。
Oラインは肛門の周りだけなので、3分もあれば施術も終わります。
VIO脱毛自体の時間は10分あれば終わるので、恥ずかしい気持ちがあるかもしれませんが、意外と早く終わるのでそれほど気にする必要はありません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る